何から始めたらいいの?住宅用の土地の探し方


地域を決めるときには最寄り駅ベースが決めやすい

家を建てる時にはまずどの地域に住むのかを検討しなければなりません。自然豊かな場所がいいか、利便性のいいところがいいかによって住みたい地域は変わります。親戚関係も検討しましょう。また、いくら自然がいいといっても全く鉄道と無縁の場所は住みづらいものです。一応の最寄り駅は考慮に入れましょう。

多くの人は家を建てる時には利便性を優先します。まずは世帯主夫婦の勤務先や子供たちの学校への利便性を検討しましょう。両方に便利な最寄り駅が有力候補になります。ただし、学校は卒業すれば通わなくなります。そういった面も検討要素になります。また、世帯主夫婦の実家との距離も検討要素の一つです。介護が必要な年齢になると通うことも多くなります。このようなことを検討しながら、最寄り駅を3か所程度決めてから土地探しを始めます。

最寄駅からの距離を決める

小学生や中学生の子供がいる場合には通学の利便性がとても重要になります。都会では小学校や中学校は比較的近距離ですが、地方へ行くと学校間の距離は予想外に遠いところもあります。子供の年齢や通学路の安全性などを十分考慮しなければなりません。同時に通勤の便利さも大切です。駅までのアクセスは重要な要素です。駅付近は買い物も便利で銀行などもそろっているので生活全体の利便性が高くなります。利便性を重視すれば駅から近いのがいいかもしれませんが、一般的には駅に近い場所は土地代が高くなります。土地代が高くなれば家にかける予算を削らなければなりません。土地代の予算と駅からの距離は大きな関係があります。

ランディなら情報量が多くて超便利!

土地探しはインターネットサイトが便利なのは、もう常識ですよね。インターネットサイトは不動産業者が自社の情報を載せているものと、サイト自身が不動産業者と提携して情報を載せているものがあります。情報量が多いのは多くの不動産業者と提携している不動産情報サイトです。ランディなら多くの不動産業者と提携しているので売り土地情報が豊富で、探し方もとても簡単です。

通学の利便性重視の場合には、ランディの地図の検索機能がお役に立ちます。検索欄に学校名を入力すると簡単にその付近の地図を見ることができます。ランディの地図は学校や教育施設がしっかり記載されています。その付近の売り土地が一目瞭然に見つかるんです。地図上に番号が記載された赤い丸が出てくるので、そこをクリックすればサイドバーに売り土地情報が出てきます。ほんの2,3分で知りたい地域の売り土地情報が何件も一気読みできてしまいます。あとはランディPRO提携店を探してネット上で問い合わせをすることもできます。いろいろな場所へ出かけては空振りする時間と労力を節約できます。

中部地方の自動車メーカーが販売するランディは、車内空間が広くて車中泊なども可能、特に車で旅行する機会が多い人におすすめと言われます。