注文住宅を建てるにあたっての住宅ローンの重要性


頭金をできるだけ貯める

夢のマイホームを建てる時に多くの人々は、ある程度の頭金を用意します。そして、頭金に加えて、足りない金額を住宅ローンと言う形で金融機関等から借り入れ、念願のマイホーム購入という流れとなります。頭金が0円とか頭金が少なくても注文住宅は購入できるケースが多いですが、出来るだけ多くの頭金を用意することができれば、それだけ金融機関等からの借り入れ金額が少なくなりますので、頭金は多く用意しておきましょう。

借り入れ金額が多ければ多いほど、借りた金額に利子が発生しますので、多くの利子を支払うことになります。反対に借り入れ金額が少なければ、利子も少なくなります。特に注文住宅の場合は、建売一戸建て住宅に比べると、建築費は高くなりますから、頭金の確保を十分に行っておいた方が良いでしょう。

提携している金融機関を利用する

住宅ローンの借り入れを行う金融機関によって、金利は異なります。数字ではごくわずかな金利の差であっても、多くのお金を借り入れすることになれば、金利差はわずかでもかなり返済する金額には違いが生じてきます。金利が低く設定されている金融機関がおすすめですが、注文住宅を購入する際にお世話になる不動産屋に相談してみましょう。不動産屋であれば、提携している金融機関があるケースが多いです。こうした金融機関を不動産屋に紹介してもらうことで、通常設定されている金利に比べて、低い金利でお金を借りられることがあります。ですから、まずは不動産屋への相談が大切です。

駅の近くやインターチェンジ付近には住宅展示場が多く見られます。横浜の注文住宅を検討するなら、住宅展示場をまず訪れことで具体的なイメージをつかめ、知識も得ることができます。