二世帯住宅に最適な間取りは?生活ルールは建ててから決めるの?


互いの事情を考慮した間取り

一戸建てを新たに建てるときはその建物内で一つの家族が生活するのを想定するでしょう。もちろん複数世帯で住んで設備を共有する方法もありますが、世帯が異なるとどうしても互いに気を使う部分も出てきます。新たに家を建てるときに複数世帯で住むのを前提にするなら、二世帯住宅も選択肢に入れると良いかもしれません。二世帯住宅には居住空間を完全に二つに分ける方法と、部分的に共有部分を残す方法があります。まずは住む世帯毎に要望を出し合い、どちらの方法で建てるのがいいのかを決めていかなければいけません。一方の世帯の事情を考慮するともう一方の世帯が我慢しないといけないときもあるので、互いの意見を出し合って我慢する部分が少ない間取りにしていきましょう。

ルールを決めてから家造りをする

高齢の親と若い夫婦と子供の二世帯が一緒に一つの住宅に住むときがあるでしょう。高齢の親の介護が必要な時は建物の世帯を分ける必要はないでしょうが、親が仕事や趣味などを持っているなら二世帯住宅にした方が良い時もあります。とりあえず建ててからその後に生活のルールを決めるケースがありますが、それだと住み始めてからもめるかも知れません。そこで二世帯が住むに当たってのルールを決めた上で、そのルールが実践しやすい間取りや設備を作るようにしましょう。食事が一緒ならキッチンやダイニングは一つで広めがいいでしょうし、別であればそれぞれが使えるキッチンを用意した方が良いでしょう。お風呂やトイレのルールも決まっているとどう作っていけばいいか決めやすくなります。

これから二世帯住宅を建てる場合は、間取りを決めることがとても大切です。プライベート空間は必ず作っておきましょう。