注文住宅の間取りの決め方は?3つのポイントをチェック!


家事・生活動線を考える

注文住宅は自分たちが快適に生活できるようにするため、家事・生活動線をシュミレーションしながら考えていくことが大切です。玄関からキッチンまでの動線や洗濯機からベランダまで、来客があったときの動線といったように優先順位を考え、家族の意見を取り入れながら間取りを決めていきましょう。コンセントの位置も重要なため、家具の配置も考えながら作成してしていくと安心です。

家周辺の環境も考慮して

注文住宅で間取りを考える際、どうしても室内だけに意識がいってしまいますが、住宅周辺の環境も考慮して決めていくことも大切です。庭に駐車場があるのに玄関から遠い、一階に大きな窓のあるリビングを作ったのにすぐ目の前が隣の家でカーテンを開けることができない、といったようにせっかくの間取りを活かすことができなくては意味がありません。周辺環境も考慮して、決めていきましょう。

家族構成やライフステージを考える

間取りを考えるというとつい、現在の状況で考えてしまいますが今後の家族構成やライフステージも考慮すると、より快適な住宅が完成します。20代の新婚夫婦であれば将来子供ができたときのために子供部屋をどこにするか、すでに子供がいる家庭であれば成長とともに、増える荷物を収納できる収納スペースの確保も大切です。50代の家庭であれば今後の体力を考え、バリアフリー対応や廊下を広めに設計するといったことも大切です。考えても想像だけではいまいち実感できないことも多いため、ある程度プランが決まったら住宅展示場を訪れ実際に体験してみると良いでしょう。

千葉の注文住宅では、長く住むことを考慮してトイレ、お風呂場などに手すりをつける方が多いです。手すりがあれば高齢でも転倒するリスクが少なく、安心して暮らすことができます。