住宅用の土地探し!住宅設計と土地探しはどっちが先?


どちらが先かは土地がたくさんあるかで決めよう

住宅を建てるための土地を探すときにはまず住宅を設計しておくべきなのか、土地を探して決めてしまうべきなのか、と悩んでしまう人もいるでしょう。確かに同時並行で決めるのもかなり大変なことなので、先にどちらかを決めてしまった方が楽です。どっちを先にした方が良いのかで悩んだときには、何を判断基準にしたら良いのでしょうか。住宅設計と土地探しのどちらを先にするのにもメリットもデメリットもあります。ただ、まず考えてみた方が良いポイントは、住みたい場所に土地がどれだけあるかということです。もし土地の候補が少ないなら土地探しを優先するのが大切です。土地が余っている地域に住む場合には住宅設計を優先した方が良いでしょう。

段取りを正しく把握しておこう

土地探しを優先した方が良い場合にも大まかには住宅を設計しておく必要があります。どのくらいの広さの土地を選ばなければならないかが明確になっていないと土地を決められないからです。また、住宅設計を優先する場合にも、いくら土地の選択肢が多いからといってあらゆる面積の土地があるわけではありません。どのくらいからどのくらいまでの広さの土地があるのかは大まかに確認しておく必要があります。そのため、手順としては優先しない方について概要を確認し、大体のポイントをつかんだ上で優先すべき方を確定する段階まできちんと進めていくようにしましょう。このような段取りで進めるとスムーズに土地も住宅も決めることができます。

家を建てる時に重要なポイントとなる土地探しは、不動産業者に聞くことが一般的です。しかし強制ではないので、インターネットで調べたり、気になる土地に直接足を運んで確認する人も少なくありません。