別荘地の選び方やおすすめの過ごし方について


どんな場所に別荘を建てたらよいか

どんな場所に別荘を建てるのがベストであるかは、個人の趣味趣向によります。例えば、山やきれいな川が好きな人は、標高1000m前後の高原地帯に位置する別荘地を選ぶのがベストと言えるでしょう。一方、山や渓流には一切興味がなく、海が好きな人であれば、海のすぐ近くに広がる別荘地がおすすめです。その他、温泉好きの人であれば、温泉地内の別荘地を選ぶのも手といえます。なぜならば、自宅に新規で温泉をひくことができれば、公衆浴場に通う事なく毎日自宅内の温泉に浸かって疲れをとったり湯治を行ったりできるからです。

税金が気になる中古の小さな別荘にする

別荘には購入時に支払う税金や毎年支払う税金が高額だというイメージが付きまといます。確かに広い敷地を購入して大きな別荘を建てた場合に関しては、高額な税金に苦しむ恐れがあります。一方、狭い敷地に建つ小さな格安中古別荘を買う形であれば、支払う税金は驚くほど少額で済みますので維持費の心配はいりません。

別荘での過ごし方について

どういった別荘地に建てたかによっておすすめの過ごし方は大きく変わってきます。その中で、高原地帯に別荘を建てた場合であれば、何もせず小鳥のさえずりや虫の鳴き音などを聞きながら瞑想する中で、今後の人生設計をしてみるのはいかがでしょうか。視界が開けた海の見える別荘で過ごす場合は、毎日スマホ・タブレットをいじってばかりの人ならデジタル機器から離れて遠くの景色を見る時間を設けるのがおすすめです。その他、場所は問わず空気がきれいで下からの灯りが少ない場所であれば、夜間に敷地内から空を見上げて天体観測を楽しんでみるのも良いと思います。

八ヶ岳の別荘は、購入する方法と借りる方法があります。どちらを選ぶ場合でも、現地での体験宿泊のできるシステムを利用することが良策です。